ペニス増大サプリの増大理論は2つの理由が重要

増大理論

 

ゼファルリンやペニス増大サプリは何故、ペニスを大きくすることができるのでしょう。
2chや知恵袋などでは、「サプリメントじゃペニスは大きくならない」、「ある特定箇所の細胞を大きくするなんて不可能」なんて意見もあります。

 

しかし、ゼファルリンにはペニスを増大させるための理論が存在しています。
その理論で重要なのは
1、細胞
2、血流
の2つです。

 

この2つこそが、ペニスを増大させ、飲んだ後も元に戻らない理由なのです。

 

 

◆細胞が大きくなれば器が大きくなる
細胞とはペニスの海綿体細胞のことです。
ペニスの大きさというのは海綿体細胞の数と大きさんいよって決まっています。

 

そもそもペニスが勃起するのはなぜか知ってますか?

 

勃起というのは、脳がエッチなことを感じると、全身に伝達神経を通じて、ペニスへ血液を送り込むよう命令が出されます。
ペニスに集まった血液は海綿体細胞が吸収します。
海綿体細胞はスポンジのような形と役割で、血液を吸うと膨張します。
膨張した海綿体細胞によってペニスは大きく、硬くなるのです。
これが勃起のメカニズムです。

 

海綿体細胞とは血液を受け取るための器です。
器が大きくなればペニス自体も大きくなります。
この器は海綿体細胞のことですが、海綿体細胞は男性ホルモンや成長ホルモンの分泌により大きくなります。

 

この男性ホルモンと成長ホルモンの分泌を促進させるのがゼファルリンなのです。

 

 

◆血流が良くなれば勃起力がアップ!
海綿体細胞が増えることでペニスのサイズはアップしますが、血液がペニスに溜まらないと、フニャチンのままです。
血液をペニスへ溜まるようにするには、血流が良くならないといけません。

 

血流とは血管の中を流れる血液のことです。
血管が太く丈夫だと、血液はサラサラになり、血流が良くなります。
逆に血管が細く脆いと、血液がドロドロになり、血流も悪くなります。

 

ゼファルリンには血管を拡張させるための成分が配合されているため、血流を良くすることができるのです。

 

細胞を大きくさせ、血流を改善する、この2点を達成するためにゼファルリンは作られています。
時間をかけて大きくなった細胞はちょっとの時間じゃ戻りませんので、ゼファルリンを飲んだ後もサイプキープできるのです。

 

次は「ミルキングとジェルキングの簡単チントレでサプリの効果は倍増」です。

 

 

<ゼファルリン公式サイト>

 

増大理論でしっかり増大するゼファルリン